News

ホリエモン万博2020ジャズフェス「#ジャズなう」 第1弾出演アーティスト発表

山田穣 曽根麻央 松原慎之介 熊谷ヤスマサ 鈴木央紹

2017年に始まった「ホリエモン万博」、2020年は2月1日~2日に六本木にて開催。トークショーやスナック祭り、披露宴など様々なコンテンツがある中、音楽イベントの目玉は、「♯ジャズなう」というジャズフェス。SNSで最高に映える、「ホリエモン万博」でしか味わえないイベントとなっている。

ジャズフェス「♯ジャズなう」は、年々縮小を続けるジャズ市場の現状に危機感を持ち、「ジャズコンテンツの素晴らしさをできるだけ多くの人に届けたい」という想いから2019年より開催。

同フェスでは、参加者にSNSでの発信を呼びかけており、ハッシュタグ(#)をつけて、SNSで映える共有をすることで、ジャズを知らない若い世代にもジャズの魅力を伝えていくことを目指している。その他、キャッシュレス投げ銭など、これまでにない斬新なアプローチで、より多くのジャズファン獲得に向け、ジャズ界に新風を巻き起こし、老若男女問わず多くの人がジャズを楽しめるイベントを作り上げる。

1弾出演アーティストとして発表されたのは、日本で活躍するサックスプレイヤー山田穣、鈴木央紹。若手超有望株のサックスプレイヤー松原慎之介。そしてジャズ界の二刀流の曽根麻央。屈指のピアニスト熊谷ヤスマサ。

山田穣は、ピアノに松本茜、ベースに小林航太朗、ドラムに高橋徹、また、鈴木央紹は、ピアノに宮川純、ベースに楠井五月、ドラムに小松伸之のリーダーカルテットで出演。松原慎之介はピアノに石田衛、ベースに佐藤ハチ恭彦、ドラムに原大力を迎える。トランペットの曽根麻央はギターに井上銘、ベースに山本連、ドラムに木村紘、熊谷ヤスマサは、ベースに古木佳祐、ドラムに山田玲と日本屈指のジャズプレイヤーが集結。

本イベントは、ジャズフェスのみのチケットも12月中旬を目処に販売予定。

詳しくは、ホリエモン万博公式HP(https://expo.horiemon.com/)または、Jazz2.0公式HP(jazz2-0.com)にて発表される。