News

米国で最も権威ある音楽ブランド「Billboard」その日本展開の歴史を紐解く

Billboard ビルボード
日本における『Billboard』ブランドのマスター・ライセンスを保有する、株式会社阪神コンテンツリンクで代表取締役社長/Billboard Japan CEOを務める北口正人による書籍『Billboardを呼んできたサラリーマン』が、発売される。(発行:ダイヤモンド・ビジネス企画、発売:ダイヤモンド社)

本書は「石橋を叩いても渡らない」と、言われるほど堅実な経営姿勢を持つ阪神電気鉄道株式会社に入社した音楽好きの社員たちが、音楽ビジネスという新境地を開拓してきた足跡を綴った実録本。
ジャズクラブ「大阪ブルーノート」を阪神電鉄が始めた背景や音楽事業ブランドを「ビルボード」に変更した理由。「ビルボード・ジャパン・チャート」ができるまで、「ビルボードクラシックス」が甲子園球場で安全地帯のコンサートを開催できるようになるまでの道のり、出演アーティスト達とのつながり等々を、実際のエピソードと共に辿った内容となる。
■著者プロフィール/北口正人(きたぐち・まさと):Billboard Japan CEO(株式会社阪神コンテンツリンク 代表取締役社長)
1961年生、高校時代の米国滞在中にグラハムセントラルステーションを聴きブラックミュージックに傾倒、卒論テーマは「ジャズとアメリカ経済史の関係」。1984年和歌山大を卒業し阪神電鉄に入社、甲子園阪神パークに配属される。1987年六甲アイランドコンペチームに参画。同時期にビジネスサロン「HPS研究所」を友人と立ち上げ、ビジネスマンネットワーク構築を開始。1990年に大阪ブルーノートを開業し運営責任者となる。1998年阪神タイガースコンテンツビジネスの構築も開始。2002年阪神コンテンツリンクに社名変更、2006年米国ビルボードと契約を締結し音楽事業のブランドを変更。2007年からビルボード事業を次々と立ち上げ、2012年電鉄復職。ミマモルメ、プログラボ等新規事業を起業・育成し、2016年より現職。「アカデミー・オブ・ガストロノミー・ジャパン」アカデミーメンバー。
【Billboard とは】
アメリカのエンタテインメント情報誌として120年以上前に誕生。ジュークボックスやラジオでの楽曲再生回数の集計を皮切りに、現在ではCDセールス・ダウンロード数・ストリーミング回数など様々な変化に併せたデータを取り扱うヒットチャート、「Billboard Hot 100」「Billboard 200」などを発表。世界中の音楽業界でもっとも公正で信用できるチャートとしての地位を確立している。近年ではアワードなどのイベント主催なども行っており、音楽を中心としたエンタテインメントビジネスのチャートデータソースとしてだけではなく、豊富なデータベースとグローバルな情報ソースを基にしたクリエイティブメディアエージェンシーとしても認知されている音楽ブランド。