News

大分・湯布院発の“ジャズ羊羹”に新作「抹茶ショコラ」鍵盤柄のピアノスイーツ

ジャズ羊羹

大分・湯布院のスイーツショップ「ジャズとようかん」が販売している「ジャズ羊羹」は、文字通りジャズをモチーフにしたオリジナルの羊羹。ジャンルを象徴する楽器の一つであるピアノをモチーフに、「刷り込み」と呼ばわれる和菓子の伝統技法でピアノの鍵盤を羊羹の上で表現した、見た目にも楽しい一品だ。

その味わいも“ジャズ”の名にふさわしい大人向け。定番の「クラシック」にはワインに一昼夜漬け込んだ2種類のドライいちじくをミックス。口に入れるとふわっと黒糖の風味とさっぱりとした甘さが広がる、コーヒーやワインとの相性にこだわった和スイーツとなっている。

今回は、2020年3月中旬までの冬季限定シリーズとして発売されている「ジャズ羊羹 ショコラ」シリーズの新作として、抹茶餡に大納言を合わせた「抹茶ショコラ」が登場。シリーズすべての商品にドライフルーツが入っている「ジャズ羊羹」だが、本商品にはドライフルーツではなくたっぷりの大納言小豆をたっぷり練り込むことで、濃厚な抹茶の味わいがより一層引き立つ和の味わいに仕上げている。

この「抹茶ショコラ」単品での販売とは別に、白餡にクーベルチュールチョコレートを合わせた「ショコラ」、あるいは定番の「クラシック」との食べ比べが楽しめる2棹セットも用意されている。

◆ 新発売「ショコラと抹茶ショコラの2棹セット」 5,562円 (税込)
販売期間)
– 湯布院本店:1/1(水)〜3月中旬
店頭受取予約 12/16受付スタート ▶︎ http://bit.ly/yufuin_yoyaku
– オンラインストア:1/6(月)〜3月中旬発送
お取り寄せ ▶︎ http://bit.ly/cho_matcha