News

「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズに木梨憲武と平戸祐介が初登場!

平戸祐介 木梨憲武
タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズ最新版に、キャリア初の歌手活動をスタートした木梨憲武と、クラブジャズ・バンドquasimode(クオシモード)のリーダーであり、日本を代表するジャズ・ピアニスト平戸祐介の2組が初登場。
これらのポスターは、タワーレコードおよびTOWERmini全店で12月13日(金)から順次掲出する。
12月11日(水)に“木梨WORLD”が詰まった1stアルバム『木梨ファンク ザ・ベスト』をリリースする木梨憲武。
同アルバムをタワーレコードおよびTOWERmini、タワーレコード オンラインでご購入いただいた方に、本人のサイン入り「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターが抽選で5名様に当たる応募レシートを先着でプレゼントされる。
一方で、平戸祐介は鍵盤奏者ならではの「タッチの頂点」を意味する『TOWER OF TOUCH』をタイトルに世界基準の渾身のソロ・プロジェクト・アルバムを12月11日(水)にリリース。
現在、平戸祐介が2020年に40周年を迎えるカシオ電子楽器のアンバサダーを務めているため、今回特別に「樫尾俊雄発明記念館」にてポスターの撮影を行なった。
このポスター撮影の裏側を覗くことが出来るメイキングとインタビュー動画は、「NO MUSIC, NO LIFE.」ページでチェックすることができる。