限定車「Blue Note Tokyo」とコラボした「MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition」登場

BMW(ビー・エム・ダブリュー)は、限定車ミニ・クラブマンBlue Note Tokyo(ブルーノート・トーキョー)エディションを5月22日より発売した。

ブルーノートトーキョーエディションは、日本のジャズの聖地ブルーノート東京と、ミニ・クーパーDクラブマンがコラボし、「ジャズ」をテーマに、細部にまでこだわり抜いた限定車となっている。

エクステリアは、「ミッドナイトブラックメタリック」と、ブラスセッションをイメージした「ホワイトシルバーメタリック」の2色を設定。五線譜と楽器の弦をモチーフにしたボンネット・デザインに加え、専用サイドスカットルは、「MINI Blue Note Tokyo」のロゴを入れたオリジナルデザインを採用し、Cピラーにもロゴ入りのブルーの専用エンブレムを装備。

安全装備は充実しており、運転支援システムであるアクティブ・クルーズ・コントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準装備。また、ナビゲーション・システムは、タッチ・パネル機能とともに、手元でも操作可能なMINIコントローラーを装備し、リアビューカメラ、パーク・ディスタンス・コントロール(リア)、LEDデイライト・リング、LEDヘッドライト、LEDフロント・フォグ・ランプなどを特別装備。価格は447万円となっている。