JazzMusicianNews

ミシェル・ペトリチアーニ没後20周年、名盤6枚再発

michel petruccianiペトルチアーニミシェル・ペトリチアーニ

 

2019年7月24日、没後20周年迎えた”フランス最高のジャズ・ピアニスト”と評価されるほどの成功を収めたミシェル・ペトリチアーニの名盤6タイトイル(プレイグラウンド、MUSIC、パワー・オブ・スリー、ミシェル・プレイズ・ペトルチアーニ、ミシェル・ペトルチアーニ・トリオ、ピアニズム)を再発する。

ミシェル・ペトルチアーニとは
ミシェル・ペトルチアーニは、フランス出身のジャズ・ピアニスト。先天性疾患による障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。
その独自性の強いスタイルはビル・エヴァンスらの影響を受けており、また一部ではキース・ジャレットとも比較される。
ペトルチアーニはフランスでイタリア系フランス人の家庭に生まれた。遺伝的原因から、生まれつき骨形成不全症という障害を背負っていた。この障害のため、彼の身長は成長期になっても1メートルほどにしか伸びず、骨はもろく、またしばしば肺疾患に苦しめられた。同年代の少年が熱中するようなスポーツに加わることはできず、ペトルチアーニの関心はもっぱら音楽に向けられるようになった。
ペトルチアーニは3人の女性と関係を持った。 最初の結婚はインディアン・ナバホ族出身のエルリンダ・モンターニョ。2度目の結婚はイタリア人のピアニスト、ジルダ・ブッタ。ペトルチアーニは2人の息子の父親となったが、アレクサンドルは父親と同じ障害を持って生まれた。
ペトルチアーニは、若い頃から体質上「寿命は20歳程度まで」と言われていた身だった。実際にはそれよりはるかに寿命を長らえて活躍したが、ツアー先のニューヨークで急性肺炎を起こして死去した時は、36歳の誕生日から10日足らずであった。彼の遺体はパリのペール・ラシェーズ墓地内、フレデリック・ショパンの墓からほど近い場所に葬られた。
Wikipediaより抜粋引用
Michel Petrucciani – Live At The Village Vanguard (1985)