タワーレコード令和元年の上半期チャートを発表、JAZZ TOP10の一位はノラ・ジョーンズの新作

タワーレコードは、本年度の上半期チャートを発表した。発表チャートは、「邦楽アルバム」「邦楽シングル」「邦楽映像」「洋楽アルバム」「K-POP 国内アルバム」「K-POP 輸入アルバム」「K-POP シングル」「JAZZ」「映像(邦画/国内ドラマ)」「映像(洋画)」「サウンドトラック」「アニメ」「クラシック」の13カテゴリー。JAZZ TOP10で見事1位に輝いたのは、ノラ・ジョーンズの新作。トータルの分数こそ短く、内容的にはミニアルバムとも言える作品であったが、その人気の高さは健在で、ノラの新作を待ち望んでいる音楽ファンの多さを改めて実感させられる結果に。2位は今年生誕90年のビル・エヴァンスの未発表音源が、3位にはfox capture planのタワレコ限定盤がそれぞれランクイン。TOP3以外では、フュージョン・コンピが多数ランクインを果たした。

【1位】Norah Jones『ビギン・アゲイン』

【2位】Bill Evans『エヴァンス・イン・イングランド』