全米のジャズ・チャートでNo.1に輝いた俳優ジェフ・ゴールドブラムのアルバムがリリース発表

昨年ミュージシャンとしてのデビュー・アルバム『The Capitol Studios Sessions』で全米全英ジャズ・チャートでNo.1に輝いたジェフ・ゴールドブラムが、デッカ・レコードからの2作目となるニュー・アルバムをリリースすることを発表した。また、現在LAのスタジオで新作のレコーディングを、ザ・ミルドレッド・スニッツァー・オーケストラに加え、様々なスペシャル・ゲストと共に行なっていることを明かした。

「デッカ・レコードのとても美しく魅惑的な小人や妖精たちと新しいアルバムを一緒に作ることができて有頂天になっています。誰か僕を(優しく)つねってください。このアルバムの制作中に僕が感じた爆発的なエクスタシーの放出のようなものを、リスナーの皆さんにも感じていただけたら嬉しいです。今日グラストンベリーのステージで、もぎたての新作情報を皆さんに暴露できて最高の気分です」(ジェフ・ゴールドブラム)
「ジェフ・ゴールドブラムと一緒にいると自然と笑顔なってしまうんです。彼の放つ魅力は、私たちに生きててよかったと思わせてくれる。グラストンベリーの観客に彼の魔力を体験してもらえることをとても嬉しく思っています。また、彼のデビュー作が世界的な成功を収めたことも大変喜ばしく、間違いなく昨年発表されたジャズのデビュー・アルバムとしては最もヒットした作品のひとつと言えます。彼の新作も素晴らしいものになるでしょう」(デッカ・レコード副社長、トム・ルイス)