Life Style

これからのライフスタイル

私は、自己啓発系やビジネス、マーケティングなどの本を読むのが好きである。

どれくらい好きかというと、古本屋に一回でも立ち寄った際に、8割くらいの確率で一冊は買ってしまうほどである。気になる題名、著者、そして目次をパラパラと読み、少しでもワクワク感を感じたならば、次の行動は「レジを探すこと」に尽きるのだ。

 

そんな私だからこそ、これからのライフスタイルはどのようになっていくのかという問いに対して様々な考えが日々ストックされている。もちろん、自分の中に軸となる考えはあるものの、日々それはアップデートされ続けている。そして、この問いに対して、きっと正解も間違いもないだろう。

では、私の軸となる考えは一体何であるのか。

 

それは、臨機応変に生きることである。

これを一言で説明するならば、ジャズなのだ。

ジャズというのは基本的に即興演奏であり、即興演奏がジャズの真髄である。

例えば、マイルスデイビスが同じ曲を同じメンバーで同じ日に何回やっても、全く異なる演奏をする。

即興演奏だからこそ、その時の気分や体調、雰囲気などによって、演奏が全く異なるのだ。

 

では現代の社会と照らし合わせて考えてみよう。

今、世の中は、凄まじい速度で変化をしている。

1年後の日本がどのようになっているかだって、誰もわからない。

そもそも、明日何が起きるかさえも予測できなかったりする。

そして将来、この変化のスピードがさらに速くなっていくとも言われているのだ。

 

このような中、最も求められることは、何であろうか。

私は臨機応援に対応する力が先決であると感じる。

特に、レールの上からあえて外れている人、自ら何かを先導している人などは臨機応変に生きやすいだろう。

ジャズの即興演奏のように臨機応変に対応し、その瞬間ごとに最良のジャッジメントを下せる力は、これからの社会において、この上ない力を発揮できるだろう。

(文:濱田真秀)