伝説のライブコンサート「Jazz At Massey Hall」

(画像:UNIVERSAL MUSIC JAPAN 引用)

 

1953年5月15日、世界王座25回連続防衛という現在も未だ破られていない記録保持者ロッキー・マルシアーノとジャーシー・ジョー・ウォルコットの戦いで、ロッキー・マルシアーノの勝利となった世界ヘビー級選手権が行われるなか、カナダのトロント、「マッセイ・ホール」では歴史的なビバップ・コンサートが開催された。

ステージに顔を揃えたのは、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエル、チャールズ・ミンガス、マックス・ローチという、超が無限についてしまうほどの豪華メンバーであった。

いずれもビバップの創始者たちで、これだけの豪華メンバーが顔を揃えたのは、まさしく「空前絶後」という言葉がふさわしいだろう。

 

しかし、メンバーの調子はベストとは言いがたい状況だったようだ。

パーカーはサックスを質屋に入れたことが原因で、ライブ当日はプラスチックのサックスで代用していたという。

ガレスピーに関していえば、出演中に行われていた世界ヘビー級選手権が気になってしょうがない様子で集中力散漫状態。楽屋ではテレビにへばりつき、なかなかステージに登場しようとしない。

主催者側に「ギャラを払わないぞ」と怒られて、ようやくステージに上がろうとするものの、自分のソロパートを演奏し終わった途端にすぐにステージから引っ込み試合の様子を見守っていたようだ。

パウエルはというと、こちらは体調が酷い様子。車椅子に乗った上、看護師の同伴によってステージに上がったという。

 

他にも様々な理由があったのだろう。打ち合わせが不十分だったのか、キメがバラついていたり、テーマに戻る箇所やテーマの演奏では、おぼつかない箇所があったりと、アンサンブルに欠けたプレイを隠し通すことができなかったのは明らかであった。

だからなのか、アンサンブルを重視した、いわゆるハードバップと呼ばれるスタイルが次第に流行る兆しをも感じさせる。

 

しかしだからといって、この名演奏の価値を下げようという気はない。

パーカーとガレスピーが繰り広げる演奏は、ときに大袈裟な表現も飛び出してくるが、ビバップの醍醐味を十分に味わえる内容となっている。

そして、なんといっても聴衆の熱気溢れる歓声は、言語化して説明することができないほど、オーディエンスの心を代弁している。

 

だが、演奏終了後に問題が発生する。予想を遥かに下回った集客不足とメンバーが時間を全く守らなかったことから、主催者側がギャラの支払いを渋ってしまったのだ。

そこでギャラの代わりに主催者が録音していたテープを受け取り、それを発売することによって話に折り合いがつく。それがこの作品である。もちろん、のちに発売され、ジャズ史における不朽の名作として名声を博すことは言うまでもない。

 

(文:濱田真秀)