News

ジャズ・サックス奏者のジミー・ヒース(Jimmy Heath)が死去

Jimmy Heath ジミー・ヒース

マイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンなど、多くのジャズの巨匠と共演した、ジャズ・サックス奏者のジミー・ヒース(Jimmy Heath)が1月19日に死去。ヒースは93歳であった。
彼の孫は、米国の公共ラジオ局NPRに、ヒースは米ジョージア州ローガンビルで老衰のために亡くなったと語った。

ジミー・ヒースは米ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。三人兄弟で、兄はベース奏者のパーシー・ヒース、弟はドラムのアルバート・ヒース。兄弟でヒース・ブラザースを組んだ。

ヒースは、70年以上にわたるキャリアを通じて125曲以上の曲を書いた多作な作曲家であった。彼のオリジナル作品のいくつかは、キャノンボール・アダレイ、チェット・ベイカー、マイルス・デイヴィス、レイ・チャールズ、ディジー・ガレスピーをはじめ、多くの人々が演奏するジャズのスタンダードになった。ヒースはまた、マイルス・デイヴィス、ディジー・ガレスピー、ジョン・コルトレーン、ウィントン・マルサリス、ハワード・マギーーなど、ジャズのレジェンドたちとも共演し続けた。