Events

ホリエモン万博2019「ジャズフェス #ジャズなう」 レポート

Absolute DearsTOKU円人図堀江貴文村田千紘松原慎之介柴田亮池本茂貴直井弦太赤瀬楓雅鈴木哲鈴木雄太郎黒田卓也

 

初日は東京タワー会場と六本木サテンドールの2店舗にて開催

初日目玉となったミュージシャンは、松原慎之介カルテットだろう。

 

メンバーは、ピアノは日本のジャズシーンの重要人物となりつつある菊池太光氏、ドラムは圧倒されるビートの中に冷静さを伏せ持つ柵木雄斗氏、ベースは脅威的かつ潜在的な実力を持つ超若手17歳の冨樫誠、そしてリーダーであり誰もがその実力を認めるサックス奏者 松原慎之介である。

 

サテンドール会場で彼らがこの日一番の盛り上がりを見せたのは、超高速で演奏された「チェロキー」だ。

4人が楽器で対話をするかのように演奏がはじまり、アルトサックスソロと同時に高速ビートに変わる。

 

その瞬間、会場はオーディエンスの黄色い歓声と熱風に包まれたのだった。

 

そのほかにも鈴木哲カルテットでは、鈴木哲氏のテナーサックスの熱いブロウがオーディエンスの耳に響き渡ったり、鈴木雄太郎カルテットでは、テナーサックス奏者の岡勇希氏との2管で、ピアノの布施音人氏のエモーショナルかつ知性豊かな楽曲を魅せたり、私自身の濱田真秀クインテットではThe RH factorの特集を行うなど、書き出すとキリがないほど、見どころで溢れかえった。

 

 

東京タワー会場では、話題のAbsolute Dearsが出演。

野外ステージで演奏されたキャッチーなメロディーとその分厚い音圧は六本木はじめ港区が彼らの音楽で包まれた。

 

同会場ではグルメフェスも行われており、ジャズとの相性が抜群であったのかお客様も満面の笑みを零す。

 

その他、濱田真秀クインテット、円人図も出演。
その演奏は、文字通り「#ジャズなう」によってSNSをジャックする勢いであった。

また、東京タワー会場でMCを務めた白木愛奈氏の今後にも注目したい。