Events

ホリエモン万博2019「ジャズフェス #ジャズなう」 レポート

Absolute DearsTOKU円人図堀江貴文村田千紘松原慎之介柴田亮池本茂貴直井弦太赤瀬楓雅鈴木哲鈴木雄太郎黒田卓也

 

2日目は東京タワー会場と六本木alfieの2店舗にて開催

2日目の目玉となったミュージシャンは、間違いなくTOKUだった。

 

メンバーは数々の受賞歴を誇る世界のピアニスト グラント・リチャ-ズ、メルボルンの音楽シーンをはじめ国内外での活動を展開するベーシスト マーティ・ホロウベック、数々の名だたる音楽家との共演をこなす若手ドラマー守真人。

そして日本で唯一のボーカルフリューゲルホルン奏者のTOKUである。

 

東京タワーステージでの演奏はお祭りのトリにふさわしく、素晴らしい音色によって東京タワーを包み込んだ。

 

 

そのほか、この日の東京タワー会場ではPUSH、Ghetto塾、山崎千裕+ROUTE14bandといった今注目のミュージシャンたちが集結。

彼らの個性が光る演奏には、東京タワーに来場した人たちの足を止めさせる力強さがあった。

 

今回のジャズフェスでは「ジャズを初めて聴いた」と言った声が非常に多く寄せられた。

「何故今まで、彼らの音楽に出会えなかったのだろう?」と呟く声もあったほどだ。

 

alfieに豪華ゲスト大集合

同時刻、alfie会場も東京タワーに負けない盛り上がりをみせていた。

 

赤瀬楓雅トリオから始まり、各界隈で話題沸騰中の直井弦太トリオ。

そして実力派集まる池本茂貴クインテット、トリは村田千紘カルテットが務めた。

 

お祭りのトリには、堀江貴文氏がalfieに登場。

「ブルージャイアントをずっと読んでいた。マーカスミラーとか好きだよ。」と自身のジャズ好きも明かし、その後ルイアームストロングの『この素晴らしき日々』を堀江貴文氏が熱唱した。

 

しかし、これだけで終わらなかった。

 

東京タワー会場で演奏を終えたTOKU、グラント・リチャ-ズ、マーティ・ホロウベック、守真人をはじめトランペッターの黒田卓也、現在大活躍中のドラマー柴田亮など、多くのミュージシャンが駆けつけてくれた。

 

そして最後に集まったミュージシャン全員で「バードライク」を演奏。

 

 

言語化することができないほど素晴らしい演奏であったと言える。

 

次回ホリエモン万博の日程も決定!!

 

そして次回のホリエモン万博の日程も決定した。

 

次回は2020年2月1日、2日に開催。

 

今後もジャズ界に新しい風を起こし、日本がかつて担っていたジャズシーンを実現させたい。