Album

ジャズの名盤紹介『Jazz At Massey Hall』

チャーリー・パーカー チャールズ・ミンガス ディジー・ガレスピー バド・パウエル マックス・ローチ

こんにちは。

Jazz2.0編集部です。

今回は、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエル、チャールズ・ミンガス、マックス・ローチというメンバーによるライブレコーディング『Jazz At Massey Hall』が伝説すぎるので、こちらの名盤を紹介していきたいと思います。

録音日は1953年5月15日

The Quintet' – The Complete Jazz at Massey Hall [FULL ALBUM]

1953年5月15日、世界王座25回連続防衛という現在も未だ破られていない記録保持者ロッキー・マルシアーノとジャーシー・ジョー・ウォルコットの戦いで、ロッキー・マルシアーノの勝利となった世界ヘビー級選手権が行われるなか、カナダのトロント、「マッセイ・ホール」では歴史的なビバップ・コンサートが開催されました。

ステージに顔を揃えたのは、繰り返しになってしまいますが、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエル、チャールズ・ミンガス、マックス・ローチという、豪華メンバーです。

このライブのためだけに集められたクインテットで、ジャズの歴史の中でもトップクラスに豪華なメンバーとなっています。

絶不調のメンバーたち

しかし、メンバーの調子は全くベストとは言いがたい状況だったようです。

チャーリー・パーカーは、手ぶらでニューヨークからトロントにやってきて、サックスを質屋に入れていたので、地元の楽器屋から借りた練習用の白いプラスチック製のアルトを持って舞台に上がりました。
そしてこのアルバムが発売された時は、他社との契約があったためにチャーリー・チャンという偽名でクレジットされました。

ディジー・ガレスピーは、出演中に行われていた世界ヘビー級選手権が気になってしょうがない様子で集中力散漫状態。
楽屋ではテレビにへばりつき、なかなかステージに登場しようとしなかったようです。
主催者側に「ギャラを払わないぞ」と怒られて、ようやくステージに上がろうとするものの、自分のソロパートを演奏し終わった途端にすぐにステージから楽屋へ引っ込み試合の様子を見守っていたとのこと。
ミンガスはこれを嫌って2人の間はすごく険悪なムードになっていたそうです。

バド・パウエルはというと、こちらは体調が酷い様子。

車椅子に乗った上、看護師の同伴によってステージに上がるという、ボロボロな状態。他にも打ち合わせが不十分だったのか、アンサンブルがバラバラだったり、テーマに戻る箇所やテーマの演奏では、おぼつかない箇所が度重なるなど、絶不調だったようです。

それでもビバップの醍醐味を十分に味わえる内容となっており、聴衆の熱気溢れる歓声が聞こえてきます。

事件発生

しかし、演奏終了後に問題が発生します。

予想を遥かに下回った集客不足とメンバーが時間を全く守らなかったことから、主催者側がギャラの支払いを渋ってしまいました。

ボクシングの世界ヘビー級選手権の日だったとこもあり、2500人収容のマッセイホールに700人の集客で、会場は閑古鳥が鳴いていたそうです。

結局、パーカーのみが現金を受け取り、他のメンバーはギャラが支払われず、ディジーは「あの時のギャラを受け取っていないぞ」と後々まで呟いていたとか。

そこでギャラの代わりに主催者が録音していたテープを受け取り、それを発売することによって話に折り合いがつきました。

それがこの作品になります。

もちろん、のちに発売され、ジャズ史における不朽の名作として名声を博すことになりました。