Musician

これだけは聴いておきたいジャズ・ピアノ特集

piano pickup おすすめ これだけは聴いておきたい集 ジャズピアニスト ジャズピアノ 楽器

「おすすめのジャズピアニストが知りたい」

ジャズピアノを聴いたり弾いたりしていく中で、いろんなピアニストの名前を目にしませんか?

というわけでこんにちは。

Jazz2.0編集部の濱田です。

濱田
濱田

今回は様々なジャズピアニストの中でも、歴史的に影響力があったり、様々な人気投票で上位を獲得していたり、ミュージシャンから憧れの存在であったりと、多面的に分析し、ジャズピアニストを厳選しました。

これからジャズピアニストを見つけたいあなたは、きっと素晴らしいジャズピアニストを見つけることができるはずです。

それでは参りましょう。

ビル・エヴァンス

Bill-Evans-1964.jpg
Seppo Heinonen / Lehtikuva – https://d3gg7gh6znnt6d.cloudfront.net/thumbnail/8440967.jpg, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=62430298による

1929年8月16日アメリカ東岸にあるニュージャージー州生まれ。
印象主義クラシックに影響を受けた感傷的で美しい音は唯一無二。
ビルエヴァンスの曲やアレンジは人気が高く、ジャズ史上最高の人気を誇り、ジャズの歴史の中でも非常に重要なプレイヤーとして、今日もなお多くのジャズファンに愛されています。

Bill Evans / Waltz for Debby

セロニアス・モンク

1917年10月10日ノースキャロライナ州ロッキーマウント生まれ。
ユニークな演奏スタイルで、生み出した数々の名曲はどれも複雑で難解であるがゆえに孤高の存在となり、”バップの高僧”とも呼ばれている。
その強烈な個性は彼の死後に評価され、今ではジャズの巨匠のひとりとして数えられる。

Thelonious Monk – Round About Midnight – Paris, June 7, 1954

バド・パウエル

1924年9月27日ニューヨーク生まれ。
1943年クーティ・ウィリアムスのバンドで活動を開始。
ジャズピアノにおけるビバップスタイルのパイオニアとしても知られており、クラシックを思わせるような完成された芸術性と、音からリズムを感じるような力強くキレのある演奏は、多くのジャズミュージシャンの憧れとなる存在であった。

チック・コリア

Chickcorea19.JPG
Roland Godefroy – 投稿者自身による作品, CC 表示 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1960843による

1941年6月12日米マサチューセッツ州チェルシー生まれ。
「Spain」をはじめとする数々の名曲を生み出した、ジャズフュージョンを代表するアーティスト。
スタン・ゲッツとマイルス・デイヴィスのバンドで演奏し、その後自身のリーダートリオではグラミー賞を獲得。
様々なアーティストとの共演やTV出演、クラシック演奏やレーベルの立ち上げなど、創造性と活動力に溢れたアーティスト。

Chick Corea – Spain – Live At Montreux 2004

ハービー・ハンコック

John Mathew Smith & www.celebrity-photos.com from Laurel Maryland, USA – HERBIE HANCOCK, CC 表示-継承 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=75843866による

1940年4月12日シカゴ生まれ。
ジャズにエレクトリックの要素を取り入れ、ジャズファンク、ジャズフュージョンを広めた。
作曲家としては、スタンダード曲となるような名曲をいくつも生み出している。
幾度となくグラミー賞を受賞しており、東京JAZZのプロデューサーでもある。

HERBIE HANCOCK – THRUST (1974) – FULL ALBUM

オスカー・ピーターソン

Oscar Peterson.jpg
Tom Marcello Webster, New York, USA – Oscar Peterson portrait -1977, CC 表示-継承 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3889466による

1925年8月15日生まれ。
スウィング時代からモダン時代にかけてジャズ界の中でも「鍵盤の皇帝」という異名があるほど超絶技巧を誇り、ダイナミックでハッピーな演奏スタイルを確立。
代表曲である「酒とバラの日々」は今もなおジャズシーンの中で愛され続けている。

Days Of Wine & Roses / Oscar Peterson Trio

マッコイ・タイナー

Mccoy Tyner 1973 gh.jpg
CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=503071

1938年12月11日生まれ。
ジョン・コルトレーンのレギュラー・カルテットでの活動や、リーダーカルテットでの活動が有名。
特に、コルトレーンの黄金時代を支え続け、『A Love Supreme』、『My Favorite Things』などをはじめとする数々の名盤に参加。
ジャズミュージシャン最高の名誉であるNational Endowment for the Arts Jazz Masterにも選出されている。

McCoy Tyner – Passion Dance

ホレス・シルバー

Horace Silver by Dmitri Savitski 1989.jpg
Dimitri Savitski, SAVITSKI – photo by Dimitri Savitski

 1928年9月2日生まれ。
ファンキーなプレイスタイルと独特なサウンドでハード・バップのジャンルを開拓。
ゴスペルやブルース、アフリカ音楽、ラテン音楽などといった幅広いブラックミュージックの音楽スタイルの影響を受け、独自のサウンドを展開。
「Nica’s Dream」や「Song for My Father」など、様々な名曲の作曲者で、今もなおジャズスタンダードナンバーとして愛されている。

Horace Silver – Song for My Father

アート・テイタム

Art tatum.jpg
パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1179251

1909年10月13日生まれ。
1920年代半ばから死没する1950年代中頃にかけて活躍。
先天的な白内障のため、片目は全盲で、もう片方もほとんど視力がない状態であった。それにも関わらず、初期のジャズシーンの中でジャズピアノの可能性を顕著に広げ、多くのジャズの巨匠から尊敬されているミュージシャン。

Art Tatum – Yesterdays 1954

レッド・ガーランド

1923年5月13日生まれ。
ウェルター級プロボクサーとして活躍した経歴を持つ歴史的なジャズミュージシャン。
チャーリー・パーカーやレスター・ヤング、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーンなどのバンドで活躍し、ブロック・コードを活かしたガーランド節と呼ばれるスタイルで人気を博した。

Red Garland Trio – C Jam Blues

エロル・ガーナー

Erroll George.jpg
The Library of Congress – Portrait of Erroll Garner, New York, N.Y., between 1946 and 1948, No restrictions, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12517819による

1921年6月15日生まれ。
楽譜が全く読めなかったことは有名な逸話で、左利きのジャズピアニスト。
独学で自由で豊かな表現力、左利きによる強烈なリズム感など、他のピアニストにみられない独特なスタイルが魅力。
兄のリントン・ガーナーもジャジピアニストとして活躍。
代表曲の「Misty」はジャズスタンダードナンバーとして多くのジャズミュージシャンによってカヴァーされた。

Erroll Garner plays Misty

セシル・テイラー

CecilTaylor.jpg
オリジナルのアップロード者は英語版ウィキペディアのOpenEmptyさん – en.wikipedia からコモンズに移動されました。, Attribution, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3441000による

1929年3月25日生まれ。
クラシック音楽にも精通しており、フリー・ジャズの先駆者として活躍。
独特な演奏スタイルは「88個の異なる音階に調整されたドラムズ」と表現されるほど、旺盛なグルーヴ感が特徴的で、複雑かつ生命力の高い表現スタイルが魅力。
数々の賞も受賞しており、日本では、2013年に科学や芸術の発展に寄与した人物に贈られる「京都賞」、米ダウンビート誌の「国際ジャズ名声の殿堂」、“最も栄誉あるジャズ音楽賞”として知られる「NEA Jazz Master」などが挙げられる。

Cecil Taylor – Jazz Ost-West Festival 1984 (fragm.)

デューク・エリントン

Duke Ellington restored.jpg
Original image by Dontworry, restored by Jafeluv. – user:Dontworry, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9675622による

1899年4月29日生まれ。
20世紀最大のポピュラー音楽のカリスマ。
マイルス・デイヴィスやデューク・エリントンなど、数々の巨匠に多大な影響を与えただけでなく、ジャズ界の名曲の多くがエリントンが作曲した楽曲。
今日のジャズシーンの中でも最も影響を与えたアーティストの1人である。

Duke Ellington, "Take the A Train"

アーマッド・ジャマル

Brian McMillen (Brianmcmillen) / contact: brianmcmillen@hotmail.com – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=18123087による

1930年7月2日生まれ。
イスラーム教に改宗する前の名前は、フリッツ・ラッセル・ジョーンズ。
58年に録音した『バット・ノット・フォー・ミー』が話題となり、以降も多くの名演を残すなど、ジャズの発展における重要なミュージシャン。
マイルス・デイヴィスに影響を与え、『アマッド・ブルース』という曲を進呈されるほど尊敬されていた。
聴けば聴くほど、味わい深いサウンドとなっている。

Ahmad Jamal – But Not For Me

ウィントン・ケリー

f:id:westwind0813:20160404085822p:plain
https://www.allaboutjazz.com/live-at-the-left-bank-jazz-society-wynton-kelly-blue-moon-review-by-craig-jolley.php

1931年12月2日生まれ。
ディジー・ガレスピーやマイルス・デイヴィスなどのバンドで活躍後、リーダートリオを結成し、そのサウンド、グルーヴ感、演奏スタイルは多くのジャズファンを魅了した。
代表作である『ケリー・ブルー』をはじめ、数多くのジャズの名盤に参加したりと今日のジャズシーンの大きな一翼を担っている。

Wynton Kelly – Kelly Blue ( Full Album )

デイヴ・ブルーベック

Dave Brubeck 1954.jpg
カール・ヴァン・ヴェクテン – This image is available from the United States Library of Congress’s Prints and Photographs divisionunder the digital ID van.5a51763.This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing for more information., パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28948による

1920年12月6日米国カリフォルニア州コンコード生まれ。
4分の5拍子の曲など、変拍子ジャズのパイオニアとして広く知られており、なかでも「Take Five」は今日のジャズスタンダードナンバーとなっている名曲である。
現代音楽家のダリウス・ミヨーに師事した学究派。

Dave Brubeck – Take Five

キース・ジャレット

Keith Jarrett-commons.jpg
Olivier Bruchez – Flickr, CC 表示-継承 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=14982563による

1945年5月8日生まれ。
ジャズというジャンルの垣根を超えた音楽スタイルが魅力。
ジャズ・メッセンジャーズ、チャールス・ロイド・カルテット、マイルス・デイヴィス・グループを経て、リーダーバンドにて活躍中。
ジャズ・ピアノの詩人とも呼ばれ、ストイックなスタンスでアコースティックサウンドを追求し続けている。

Keith Jarrett Trio Live In Japan 93

ハンク・ジョーンズ

Hank Jones.jpg
Ed Newman – Hank Jones at Newport, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3897078による

1918年7月31日生まれ
『NEA Jazz Master』『アメリカ国民芸術勲章』受章。
弟はトランペット奏者のサド・ジョーンズ、末弟はドラマーのエルヴィン・ジョーンズ。
数えきれない共演者と演奏機会、参加楽曲などジャズの歴史を築いてきた重要なアーティスト。

Hank Jones' The Great Jazz Trio – Blue Note, Tokyo, Japan, 2009-02-18

ソニー・クラーク

Sonny Clark.jpg
By Source, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=29602439

1931年7月21日米国ペンシルヴァニア州ハーミニー生まれ。
『クール・ストラッティン』などの名盤を残す一方、同レーベルの多くのセッションにも起用され、ハード・バップとよばれるジャズの黄金時代を代表するピアニストとして絶大な人気を誇るピアニスト。
ブルーノートと契約し、ソニー・ロリンズやリー・モーガンなど巨匠と呼ばれる共演者と数多く共演。

Sonny Clark Cool Struttin'

ミシェル・ペトルチアーニ

Petrucciani performing in 1991
By Source, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=38057846

1962年12月28日フランス生まれ。
先天性骨疾患という障害を抱え、1メートルほどしかない身長でも、障害を克服。
ダイナミックなサウンドを確立し、世界中に感動を与え、フランス最高のジャズピアニストと呼ばれている。

Michel Petrucciani Trio – Philharmonie im Gasteig (Munchen, 1997)

カウント・ベイシー

Count Basie in Rhythm and Blues Revue.jpg
https://archive.org/details/rhythm_blues_review, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1679103による

1904年8月21日米国ニュージャージー州レッドバンク生まれ。
ベニー・モーテンのバンドを引継ぎ、ビッグバンドまたはオーケストラとして、バンドを約半世紀率いた伝説的プレイヤー。
レスター・ヤングをはじめ、数多くのスタープレイヤーを輩出しただけでなく、ビッグバンドの数多くの名曲をも生み出した。

Show of the Week – Count Basie and his Orchestra (1965)

まとめ

いかがだったでしょうか。

ジャズピアニストといっても本当にいろんな人がいることがわかったかと思います。

この記事を通して、お気に入りのジャズピアニストが見つかったら嬉しいです。

もしまだ見つかってないという方は他の記事も覗いてみてください。