Music

GarageBandを使って作曲する方法はこれ!

GarageBand

「MacBookやiPhoneを使って作曲してみたいけど、どうすればいいのかわからない」

iPhoneやMacBookを持っていると、GarageBandがもれなく無料でついてきます。

しかしGarageBandを使いたいけど、どうやって使いこなせばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

というわけでこんにちは。

Jazz2.0編集部の濱田です。

濱田
濱田

GarageBandの使い方がイマイチわからなかったときは、アプリ内に内蔵されているドラムセットを立ち上げて遊んでました濱田です。

GarageBandの使い方をマスターして、今ではGarageBandを使ってYoutubeに動画をあげたりしています!

というわけで、今回はこれからGarageBandを使って作曲してみたいけどどうすればいいのかわからないという方へ向けて、解説していきます。

それでは参りましょう!

必要機材と用意しておきたい機材

MacBook

MacBookには、GarageBandが初期設定の段階で搭載されています。

MacBookは、スペックは高ければ高いほど良いです。

というのも、音楽制作をする上で、PCにかかる負荷は意外と大きく、ファイルの容量によっては、ある程度の処理速度やストレージが求められます。

また、管楽器奏者などは、大きな音量を録音する環境が求められるため、家が防音でデスクトップが置けるといった環境でない限り、スタジオ等に持ち運べるノートPCの方が望ましいです。

Mac
Macの世界へようこそ。MacBook Pro、iMac Pro、MacBook Air、iMacなど、Macのラインナップを紹介します。製品の情報も、購入も、サポートも、すべてAppleのウェブサイトでどうぞ。

MIDIキーボード

DAWソフトを使用する上で、用意しておきたいのがMIDIキーボードです。

MIDIキーボードをパソコンに差し込んで、DAWソフトに音を入力していきます。

MIDIキーボードのメーカーによっては、パソコンと接続するための追加のインターフェース(ドライバー)をダウンロードする必要がありますので注意してください。

KORG 定番 USB MIDIキーボード microKEY-25 音楽制作 DTM 省スペースで自宅制作に最適 すぐに始められるソフトウェアライセンス込み 25鍵

オーディオインターフェース

歌や楽器の演奏を録音する際には必須となります。

楽器やマイクを直接パソコンには接続することができませんので、この機材がハブの役割となって、楽器の音をパソコンの中にレコーディングしていきます。

レコーディングの音質をより良くするためには、このオーディオインターフェースの品質が重要になってきます。

iPhoneの場合も、オーディオインタフェースを用意するのがおすすめです。

ベリンガー 2入力2出力 USBオーディオインターフェース ブラック 1-Channel UM2 U-

TASCAM マイク ギターインターフェース iPad iPhone iPod touch用 iXZ

マイク

歌や楽器の演奏を録音する際には必須となります。

先ほど紹介したオーディオインターフェースに接続することで、音を収録していきます。

レコーディングの音質をより良くするためには、マイクの品質が重要になってくるので予算を考える必要があります。

SHURE ダイナミックマイク SM58 スイッチ無し SM58-LCE 【国内正規品】

各種ケーブル類

マイクとオーディオインターフェースを接続するマイクケーブル、オーディオインターフェースとパソコンを接続するUSBケーブル等が必要になります。

MacBookによっては、例えば、MacBook Proだと、タイプCのUSBケーブルしか使用できなかったりするので追加でハブの購入等が必要になります。

Syncwire 3m ギターシールド ギターケーブル 【保証付/ベース&キーボード&アンプ&ドラム用】S-S型プラグ 楽器用ケーブル

費用目安

これ以外にもヘッドホンやプラグイン等を購入する場合は、追加の費用がかかります。

MacBookを既に持っている方であれば、MIDIキーボードとオーディオインターフェースとマイクがあれば基本的なレコーディング作業ができるので、安価なものを選べば1~2万円ほどではじめられると思います。

高品質なものを購入する場合は、値段が跳ね上がりますので、ある程度の予算を確保する必要があります。

最近では、リハーサルスタジオ等で、オーディオインターフェースやマイクの貸し出しを行なっているところもあるので、家で大きい音が出せないという方は、スタジオを使用するのもおすすめです。

手順

まずはアプリケーションからGarageBandを開きます。
(下画像はMacBookでやってます)

GarageBandを起動したら、空のプロジェクトを選択します。

次にこのような画面が開きます。

ソフトウェア音源、オーディオ、Drummerの4つの項目が出てきますが、どのボタンをクリックしてもOKです。

ここでは、ソフトウェア音源をクリックして進めます。

ミュージックタイピングというタブが出てきますが、オーディオインターフェースとMIDIキーボードを持っている方は、今後このタブは使いませんので、閉じてOKです。

オーディオインターフェースとMIDIキーボードを持っている場合

オーディオインターフェースとMIDIキーボードを持っている場合は、GarageBandの環境設定を開きます。

環境設定からオーディオ/MIDIに進みます。

MIDIキーボードを持っている場合は、MIDIのステータスというところに、MIDI入力が検出されます。

オーディオインターフェースを持っている場合は、入力デバイスというところから、自分のオーディオインターフェースの名前をクリックします。

検出されない場合は、MIDIキーボードのメーカー次第ではドライバーのファイルをインストールする必要がありますので注意してください。

設定が完了したら、自分の作りたい音楽をMIDIキーボードやマイクを接続したオーディオインターフェースで作成することができます。

オーディオインターフェースとMIDIキーボードを持っていない場合

オーディオインターフェースとMIDIキーボードを持っていない場合は、ループブラウザを使うのがおすすめです。

ループプラウザとは、GarageBand内に存在するサンプリング音源で、これらの音源を使うことによって手軽に作曲することができます。

ループプラウザを使うには、まず画面の右上にある3つあるアイコンのうちの真ん中にあるアイコンをクリックします。

クリックすると、このような画面が開きます。

大量のサンプリング音源があるので、自分の好きな音源を探しましょう。

音源の検索方法として、楽器ごとに分類したい場合はループブラウザの上にある「インストゥルメント」、ジャンルごとに分けたい場合は「ジャンル」、明るい、や、暗いなど感覚的に探したい場合は「詳細表示」を選択することによって、自分好みの音源が見つかるはずです。

音源が見つかったら、追加したいトラックにマウスでドラッグします。

するとこうした画面になります。

このように色々なサンプリング音源をドラッグすることによって、手軽に作曲活動ができるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もしわからないことがありましたら、お気軽にSNSなどでご連絡ください!

それではまたお会いしましょう!

Jazz2.0編集部の濱田でした。