【初心者必見】GarageBand(ガレージバンド)の使い方!

「パソコンやスマホを使って作曲してみたいけど、どうすればいいのかわからない」

パソコンやスマートフォンを使って曲を作ろうと思ったとき、音楽制作ソフトが必要になります。
しかし、iPhoneやMacBookを持っている方は、GarageBandという音楽制作ソフトが無料でインストールされています。
GarageBandの性能は、他の有料ソフトと比べてもクオリティは劣らず、手軽に本格的な音楽制作を楽しむことができます。

しかしGarageBandを使いたいけど、どうやって使いこなせばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

というわけでこんにちは。

Jazz2.0編集部の濱田です。

濱田
GarageBandの使い方がイマイチわからなかったときは、アプリ内に内蔵されているドラムセットを立ち上げて遊んでました濱田です。
今では、GarageBandの使い方をマスターして、GarageBandを使って曲を作ってYoutubeに動画をあげたりしています!

今回はこれからGarageBandを使って作曲してみたいけどどうすればいいのかわからないという方へ向けて、解説していきます。
実際に曲を作りながら、機能や使い方を覚えていきましょう!

それでは参りましょう!

スポンサーリンク

そもそもGarageBandってどんなアプリ?

GarageBandは、プロのミュージシャンでなくても簡単に音楽制作ができるようにと設計されたアプリで、手軽に本格的な音楽制作を楽しむことができたり、視覚的にも操作しやすいような設計になっていたりと、多くのミュージシャンに愛されている音楽制作ソフトです。
専門的な機材を必要としなく、誰でもどこでも簡単に操作することができます。
また、プロのミュージシャンがデモ音源を制作する際などで大いに活躍しています。

GarageBandを使うならMacがおすすめ

MacBook
MacBook

GarageBandは、パソコン版(Mac)とiOS版(iPhone、iPad)の2種類あります。

操作方法は似ていますが、機能はパソコン版(Mac)の方が遥かに優れています。
iOS版(iPhone、iPad)でも、タッチ操作で楽器を鳴らしたりすることで十分に楽しむことはできます。

iPhoneで開いたGarageBand、ドラム編

しかし、実際に音楽制作をしていく上で、iOS版(iPhone、iPad)では簡易的な作曲しかできないため、より快適に音楽制作ができるパソコン版(Mac)のGarageBandがおすすめです。
ギターやベースをパソコンに繋げば、自分の演奏を高音質で録音することができます。
また楽器を持っていなくても、GarageBandに内臓されているループ音源を使用することで、プロのような楽曲制作をすることができます。

この記事では、パソコン版(Mac)でGarageBandの使い方を紹介します。

GarageBandを立ち上げてみよう

「アプリケーション」から「GarageBand」を開きます。
GarageBandのロゴが見当たらない方は、App Storeから「GarageBand」をダウンロードします。

無料音楽制作アプリGarageBandに新機能!「表情」を読み取り音色を変える - iPhone Mania
GarageBandのロゴ

GarageBandが起動すると、このような画面が開きます。
まずは「空のプロジェクト」を選択します。

次に「トラックのタイプを選択」というページが出てきます。

「ソフトウェア音源」「オーディオ」「Drummer」といった項目が出てきますが、どのボタンをクリックしてもOKです。
というのも、どの項目をクリックしても同じ画面(プロジェクト)が開くからです。
また、下の方に「演奏や録音中に自分の音楽の音を聴く」という設定や、入力という設定がありますが、あとで変更することができるので、何も設定しなくても大丈夫です。

ここでは、中央にある青色で書かれた「オーディオ」という項目のどちらかを選択しクリックします。

ループ音源を使って誰でも簡単に作曲

GarageBandに内臓しているループ音源を使うことによって、誰でも簡単に楽曲を作ることができます。

ループ音源を使うには、画面の右上にある3つあるアイコンのうちの真ん中にある「ℓ」の形をしたアイコンをクリックします。

クリックすると、このような画面が開きます。

ループパックには大量のループ音源があります。
音源の検索方法として、楽器ごとに分類したい場合は、上にある「インストゥルメント」、ジャンルごとに分けたい場合は「ジャンル」、明るい、暗いなど感覚的に探したい場合は「詳細表示」を選択することによって、好みの音源を見つけることができます。

濱田
実際に音源を聴いてみて、かっこいいなと思った音源を選んでいきます。
たまに超かっこいい音源があるので、根気よく探していきます。

好みの音源が見つかったら、画面中央付近に音源をドラッグします。
すると次のような画面になります。

このように色々なサンプリング音源をドラッグして組み合わせることによって、手軽に作曲活動ができます。

さらにキーやテンポを変えることでオリジナリティをつけることができます。
曲が完成したら、画面上部の「共有」というタブから「曲をディスクに書き出す」を選択し、曲をファイルに書き出しましょう。

このループ音源を使えば、10分ほどで簡単に曲を作ることができます。

iPhoneでもループ音源は使える?

https://www.apple.com/jp/ios/garageband/

iPhoneでもLive Loopsを用いることでループ音源を使うことができます。

Live Loopsは、Macのループ音源とは使用方法が異なり、既にプリセットされたサウンドパックを探してダウンロードすることによって、利用することができます。
DJのようにビートを付け足したり、曲の雰囲気を変えたりと、楽器ができなくても手軽に楽しむことができるので、Macを持っていなくてもおすすめできる機能です。

しかしループ音源を使った本格的な音楽制作をするには、Macと比較すると劣るので、iPhoneのGarageBandは手軽に簡易的な音楽制作を楽しみたいときにおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

慣れてきたら、自分なりの楽曲をどんどん作ってみましょう!

オリジナリティをさらに追求したい方は、MIDI キーボードやオーディオインターフェースなどを使用して、実際に自分で歌ったり演奏したりした音を録音するのもおすすめです。

created by Rinker
Behringer(ベリンガー)
¥5,225 (2020/12/04 18:49:27時点 Amazon調べ-詳細)

オーディオインターフェースを使用することで、ギターやベース、マイクをパソコンに繋げることができ、自分が歌ったり演奏したりした音を録音することができます。

Jazz2.0編集部の濱田でした。

おすすめの記事