ゼロからわかる!!初心者のためのギター始め方講座

「ギターの弾き語りってカッコいい」
「あの人みたいに弾けるようになりたい」
「ギター弾けるようになってモテたい」


誰もが一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか?

でも、多くの人が「お金がかかる」「難しそう」「楽譜が読めない」といった理由で諦めてしまいます。

諦めないでください。ギターは誰でも簡単にできるんです!



番場海史
というわけで、こんにちは!
jazz2.0編集部の番場海史です。
私も学生のときに独学でギターを練習し、バンドを組んで演奏したことがあります。
その時の経験をもとに、ギターを始める時に多くの人がぶつかるであろう障壁をとことん取り除いていきたいと思います。


年々、ギターを始めるハードルは下がっているように思います。

Googleで「ギター 弾き方」と検索すれば弾き方講座が出てくるし、Youtubeで弾いてみた動画をいくらでも見ることができます。
最近では、ギターを月額でレンタルすることもできるんです。


今からでも遅くありません。

「趣味でギターをやってます」と言えるようになりましょう。

というわけで、ギターをこれから始めてみようという人の不安、疑問を全部解決していこうと思います。

スポンサーリンク

ギターは誰でもできる!?その理由とは

独学でどこまでいけるの?

ギターを始めようという人は、「独学でどこまでできるのか」気になるところだと思います。

結論から言いましょう。

独学でプロまでいけます。


実際、プロとして活躍するギタリストの中にも誰にも習わず独学だけでプロになったという人が多くいます。

3大ロックギタリストの1人であるエリック・クラプトン、シンガーソングライターのYUIも独学ですし、B’zのギタリスト稲葉浩志さんも独学で上達し、音楽学校に入学した時には「もう教えることがない」と言われたらしいです。


それに、現在はGoogleで検索すれば、初心者向けのギター講座や弾き方の動画が出てくるし、教則本の種類もたくさんあります。

なので、昔に比べてギターをもっと学びやすい環境になっていると言えます。


どうしても独学でやるのが不安という人は、音楽教室に通ってみるのもいいかもしれません。

楽譜が読めなくても大丈夫?

「楽譜が読めないから楽器は弾けない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、楽器を演奏する上で楽譜を読めたほうが習得が早かったり、あとで読み方を学ぶことになったりということはあるかもしれません。

ですが、楽譜が読めなくてもギターは弾けます


楽譜を見ながら弾くというのは、文章を音読しているのに近いと思います。

文字が読めなかったとしても、言葉を話すことはできますよね。

それと同じように、ギターを弾いている動画をみたり、音源を聴いたりすることで、楽譜が読めなくてもギターを弾くことができます。


また、「楽譜」とひとことで言っても色々な種類があり、一般的に「楽譜」と呼ばれるものは、五線譜という楽譜を指すことが多いです。
音楽の授業で使っていたあの5本の横線が引いてあるものです。

しかし、ギターの演奏に使われる楽譜は、tab譜と呼ばれるものや、コード譜と呼ばれるものが多いです。
これらの楽譜は五線譜に比べると直感的に分かりやすいので、覚えるのにもさほど苦労することはないと思います。

「tab譜の読み方」や、「コードとは何か」についても後半で詳しく解説しているので、今はそういう簡単な譜面があるんだということをご理解いただきたいです。

初期費用はいくらくらい?

「ギターを始めるのにお金がかかる」と思っている人が非常に多いですが、他の趣味に比べても初期費用はそんなに高いわけではありません。

今から紹介するおすすめの方法でギターを始める場合、
約4000円の初期費用で始めることができます


ギターを始める際の初期費用として最もお金がかかるのが、ギター本体です。

ギターは、高いものは何十万、何百万するようなものもありますし、安いものでも1万円程度の値段がします。

また、メンテナンス用品やギターの弦などの消耗品もなんだかんだで数千円はかかってしまいます。

ですから、通常の初期費用は最低でも1万を超えてしまいます。


そこでおすすめなのが、ギターのレンタルサービスです。

スターペグミュージックというサイトでは、様々な種類のギターを月額制でレンタルすることができます。

また、スターペグミュージックには、「今すぐ始めたい人向けのレンタルパック」があり、このセットをレンタルすることでギターを始めるのに必要なものが全て揃ってしまいます。

ギターの料金が約1500〜3500円/月、レンタルパック料金が1980〜3980円/月ですので、これを利用すると、最低で約4000円の初期費用でギターを始められるというわけです。

ギターの種類によってはもっとお得に利用できる可能性もあります。
最初のギターの選び方で詳しく解説しているので、気になる方はそちらまで読み進めてください。

練習する場所がない

「マンションが楽器禁止」「家に家族がいるから音が出せない」「近所迷惑になる」

人によって様々な理由があると思いますが、練習する場所がないから始められないと言う人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、音楽スタジオを利用することで解決できます。


音楽スタジオとは、簡単にいうと楽器練習用のカラオケのような施設です。

1時間でいくらというように時間単位で部屋を借りることができて、そこに楽器を弾くための機材がそろっています。

防音設備もしっかりしているし、持っていない機材をレンタルすることもできます。

料金相場は個人練習ならば、600円/hくらいです。

大きめの駅の近くには必ずあると思いますし、結構いろいろな場所にあるので、探してみてください。

新宿、渋谷の音楽スタジオについては、こちらの記事にまとめています。

新宿の音楽スタジオまとめ

渋谷の音楽スタジオまとめ

絶対挫折しない!モチベーションを維持する方法

多くの人がギターを挫折してしまう理由

ギターを上達させるには、日々の練習が欠かせません。

あの人みたいにカッコよく弾けるようになりたいと思ってギターを始めても、なかなか思うように弾けない人が多いと思います。

どうしても弾けないコードが出てきたり、指が痛くなってしまったりということは誰もが経験します。

ギターを上達させるためには、そういう壁をひとつひとつコツコツと乗り越えていく必要があるのです。


ギターを挫折してしまう最大の原因は、「壁を乗り越えるモチベーションがなくなってしまう」ことです。

しかし、壁を乗り越えてだんだんと上達していく過程が、ギターの楽しみの一つでもあるのです。

そこで、モチベーションを維持して楽しくギターを上達させるおすすめの方法を紹介しようと思います。

モチベーションを維持する方法

・弾きたい曲を弾く

ギターを弾いていて最も楽しい瞬間は、自分の好きな曲、弾きたい曲を弾くことです。

ギターの教則本や初心者講座には、必ずと言っていいほど退屈な反復練習や基礎練習がのっています。

確かに、ギターを上達させるには大切な練習ではあるのですが、つまらなくなって飽きてしまっては元も子もありません。

弾きたい曲があって、どうしても弾けない部分があるから、その部分だけ反復練習してできるようになっていく。というほうが楽しく上達できますし、もっと練習しようという気持ちが湧いてきます。

・ギターをスタンドに立てておく

練習が終わったらギターをケースにしまう人が多いと思いますが、ギタースタンドに立てておくことをおすすめします。

ギターケースにしまってしまうと、あまりモチベーションが湧かない日は、ケースから出してまで練習しなくていいやという気持ちになってしまいます。

ギターをいつでも手に届く位置に置いておくことで、あいた時間にちょっとでも練習しようという気持ちにすることができます。

・弾いてみた動画をみる

「モチベーションが落ちてきたな」というときは、自分の好きな曲の弾いてみた動画をみたり、好きなギタリストのライブ映像をみたりするといいと思います。

「かっこいい」「自分もこんな風に弾けるようになりたい」とモチベーションが湧いてくることもあります。


ギターの上達には、毎日ちょっとずつでも続けていくことが大切です。

モチベーションを維持しつつ練習していけば、どんどんギターを弾くのが楽しくなっていくと思います。

ギターの始め方

ギターの種類

ギターを選んでいく前に、まずは弾きたいギターの種類を決めましょう。

ギターには、大きく分けてエレキギターアコースティックギター(通称アコギ)の2種類があります。

簡単にいうと、スピーカーをつないで音を大きくすることができるのがエレキギター、そのままの音で十分に音が響くのがアコギです。

演奏したい音楽によっては、向き不向きがあるので、自分にあったものを選びましょう。

エレキギター

ロックバンドなどで演奏されているギターは、ほぼ全てエレキギターです。

エレキギターは、音を自分好みに変えることができるので、比較的いろいろなジャンルに対応することができます


エレキギターを鳴らすために使われるスピーカーをアンプと言います。

エレキギターは、アンプに繋がないと迫力のある音を鳴らすことができないです。

アンプに繋がなくても音が出ることには出ますが、とても小さいです。

家で練習する際など、大きな音が出せない場合は便利かもしれません。

アンプによっては、イヤホンで音を聞くことができるものもあるので、家でアンプをつないで演奏することもできます。


また、エレキギターはアコギに比べて弦がやわらかく押さえやすいです。
弦がやわらかいと弾きやすくなるので、初心者におすすめです。

エレキギターの特徴

・いろいろなジャンルに対応することができる

・アンプに繋いで大きい音を鳴らすことができる

・弦が比較的やわらかくて弾きやすい

アコースティックギター

シンガーソングライターが弾き語りをする時に演奏しているギターが、アコギです。

アコギは、アンプに繋がなくても大きな音を鳴らすことができます

ただし、音量の調節ができないことが難点です。


また、エレキギターに比べて弦が硬くて弾きづらいのと、楽器が大きくて扱いづらいのもデメリットになります。

アコギの特徴

・弾き語りによく使われる

・アンプに繋がなくても大きな音がなる

・楽器が大きい

・弦がかたくて少し弾きづらい

アコギの特徴

・弾き語りによく使われる

・アンプに繋がなくても大きな音が出る

・楽器が比較的大きい

・弦がかたくて少し弾きづらい

初心者におすすめはエレキギター

弾きやすさ、練習のしやすさ、演奏できる音楽の幅の広さから、初心者にはエレキギターがおすすめです。

しかし、どう頑張ってもエレキギターではアコギのような音を出すことはできません。

弾き語りがしたいという人はアコギを選ぶといいでしょう。


つまり、弾き語りをしたい人はアコギ、それ以外はエレキギターを選ぶと良いということです。

最初のギターの選び方

弾きたいギターの種類が決まったら、ギターを選んでいきましょう。

誰しも最初に選んだギターには愛着が湧くものです。
お気に入りのギターを見つけましょう。

初めてギターを選ぶときの基準は、「値段」「見た目」です。

値段

ギターの性能は、ほぼ値段に比例します。

お財布と相談して、手ごろなものを買いましょう。

大体の基準としては、

  • 1万円程度:初心者向けの中でも格安
  • 4万円代:初心者向けだけどちゃんと使える
  • 8万円代:もうちょっと良いギターを使いたい脱初心者向け
  • 20万円代:好みの音を出したい中級者以上

というようなイメージです。

できれば4万円くらいのギターを買えればベストです。


スターペグミュージックでギターをレンタルする人は、6ヶ月プランの料金が1000〜4000円/月くらいのものを選びましょう。

ギター本体の販売価格はだいたい、6ヶ月プランの一月当たりの料金の10倍くらいです。

見た目

先ほど決めたギターの種類と価格帯で、好きな見た目のものを選びましょう

ギターのタイプによって、細かい特徴があるにはありますが、大した違いはありません。

それよりも、自分の好きなギタリストのものに似ているものだとか、自分の気に入ったギターを使った方が良いでしょう。

どうしても選べないという人は、「ストラトキャスター」という種類のいわゆる普通の見た目のギターを選ぶと良いでしょう。

ストラトキャスター

最低限そろえておくべきアイテム

ギター本体の他にも、メンテナンス用品や消耗品など、最低限用意しておくべきアイテムがいくつかあります。

絶対に必要なアイテム

チューナー

チューニングをするのに使います。

チューニングとは、ギターの音を正しい音に合わせていく作業のことで、ギターを弾く上で必ず必要になる作業です。

詳しくは、チューニングのやり方で解説しています。

チューナーとして使えるスマホアプリもありますので、必ずしも買う必要はありませんが、後々バンドを組んだりすると必要になるので持っておいて損はありません。

ギター弦

買った時から弦がはってあるとは思いますが、ギターの弦は1、2ヶ月で取り換えるものです。

弦が切れてしまうと、張り替えるまでギターを弾くことができないので、常にスペアを持っておくと良いでしょう。

ワンセット600円〜1000円くらいで売っています。

ニッパー

ギターの弦を張り替える時に使います。

100円ショップなどでも売っているので、買っておきましょう。

クリーニングクロス

ギター弾き終えたあとに弦を拭くためのものです。
練習後にギターを拭くことでギターの劣化を防ぐことができます。

専用のクロスを使うのがベストですが、他の布でも代用できます。
キメの粗い布だとボロボロになってしまうので、メガネ拭きのようなキメの細かい布を用意しましょう。

あったほうが良いアイテム

ピック

ピックとは、ギターの弦を弾くときに使う爪のような物です。

ピックがなくても指でギターを弾くことはできますが、ピックがあったほうが弾きやすいので、初心者の方は持っておくことをおすすめします。

ネット通販だと50円くらい、楽器屋さんなどでは100円くらいで売っています。
ネットで買うと送料がかかるので、他の商品とまとめて買うのがおすすめです。

ギタースタンド

ギターを立てかけるためのスタンドです。
弾き終わったら毎回ケースにしまっておくという人は、必要ありません。

しかし、ギターをスタンドに立てかけておけば、弾きたくなったときにすぐに手にとって始められます。
モチベーションの維持にもつながるので、おすすめのアイテムです。

安いものなら1000円台で買えます。

アンプ、シールド

エレキギターを大きなおとで鳴らすのに必要なアイテムです。
アコギを弾く人は必要ありません。

いくら練習だからと言っても、大きく迫力のある音を鳴らしたいですよね。

家庭用の小さいギターアンプなら5000円〜10000円くらいで購入できます。

シールドというのは、エレキギターとアンプを繋ぐケーブルのことです。
安いものだと1000円以内で売っていますが、あまり安物すぎると断線してすぐに使えなくなってしまうので、2、3000円くらいのものを選ぶと良いと思います。

長さは、自宅で練習する用なら3mか5mが最適です。

ギターを弾いてみよう

チューニングのやり方

チューニングとは

ギターを弾く前に、まずはチューニングをしましょう。

チューニングとは、ギターの音を正しい音に合わせていく作業のことです。

音感に自信のある人以外は、チューナーを使いましょう。

ギターの正しい音

日本では音階を「ドレミファソラシド」というように表現します。
ですが、チューニングをする際は、「CDEFGABC」というように英語で表現することが多いです。
ド=C、レ=Dというように対応しています。

ギターには6本の弦があり、それぞれの弦を低い方から「E」「A」「D」「G」「B」「E」の音に合わせていきます。

ギターの音の調節方法

ギターの先端部分(ヘッド)にペグが6個付いています。

そのペグを外側に回すと、弦の音が高くなり、内側に回すと低くなります。

チューニング

まずは、一番低い音を合わせていきましょう。

ギターを構えたときに一番手前にある、一番太い弦(6弦)を「E」の音に合わせていきます。

チューナーを起動して6弦をはじき、「E」が表示されるように調節します。
「D」や「E♭」が表示されるようなら音が低いので、ペグを外側に回して音を高くします。
反対に「F」が表示されるなら、ペグを内側に回して音を低くします。

「E」が表示されたら、チューナーのメーターが真ん中でぴったり止まるように微調整します。
「♭」にふれていたら音が低い、「♯」にふれていたら音が高いという意味です。

「E」の音でメーターが真ん中で止まったら、6弦のチューニング完了です。


同じ手順で5弦(A)、4弦(D)、3弦(G)・・・と合わせていきましょう。

全部の音が合ったらチューニング完了です。


他の弦を調節していると、最初に合わせた6弦や5弦の音がずれてしまうことがあるので、1弦や2弦を調節し終わったら一度6弦や5弦の音を確認してみると良いです。

最初は時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてくると素早くできるようになるので、根気よくやりましょう。

tab譜とは?ギターの譜面の読み方

tab譜とは

ギターでは、tab譜という譜面がよく使われます。

ピアノなどで使う五線譜よりもわかりやすく簡単なので、読み方を覚えておくと上達が早いです。

tab譜の読み方

tab譜には、6本の横線が引かれていて、一番下の線が6弦、下から2番目が5弦というように、それぞれの線がギターの弦に対応しています。

線の上に書かれている数字は、おさえるフレットを表しています。

例えば、このような譜面なら、

5弦の3フレットをおさえるという意味になります。

最初に覚えるコード

コードとは

ギターでよく使われる譜面には、tab譜の他にコード譜というものがあります。

「コード」というのは、日本語でいうと和音のことで、2つ以上の音を重ねて鳴らすことを言います。

きれいに響くコードには、「C」とか「F」とか名前が付けられていて、それが並んでいるのがコード譜です。

なので、コード譜を読むためには、書かれている文字の意味するコードを覚えておく必要があります。

コードは色々なパターンがあり、なかにはおさえるのが難しいものもあります。
最初は簡単でよく使われるコードから練習していきましょう。

最初に覚えるコード

簡単に弾けてよく使うコードをtab譜と画像で表示しました。

ひとつひとつ鳴らして、きれいに鳴らせるように練習してみてください。

「Em(イーマイナー)」
「Am(エーマイナー)」
D(ディー)」
「G(ジー)」

弾けましたか?
最初はうまく弾けないと思いますが、繰り返し練習することでコツをつかんで、キレイに鳴らせるようになります。

それぞれのコードがきれいに鳴らせたら、4つのコードを続けて弾いてみてください。
なんとなく曲っぽくなりますよ。

初心者でも簡単に弾けるおすすめの曲

ある程度ギター弾き方がわかってきたら曲を弾いてみたくなると思います。

弾きたい曲がある人はその曲を練習するのも良いと思いますが、最初は簡単な曲を1曲形にしてみるのがおすすめです。

そこで、簡単に弾けてみんなが知っている楽曲を「弾き語りにおすすめの曲」「エレキギターにおすすめの曲」にわけていくつか紹介していこうと思います。

弾き語りにおすすめの曲

コードを順番通りに鳴らしながら、それに合わせて歌うだけでなんとなく弾き語りができます。

まずは、出てくるコードをそれぞれ練習して、次は曲を流しながら合わせて弾いてみて、最後に歌も合わせてみるというように段階的に練習するとやりやすいと思います。

Stand by Me

簡単な4コードを繰り返すだけで弾けます。

歌詞が英語なのが難点ですが、簡単にそれっぽく弾けるのでおすすめです。

マリーゴールド

初心者が最初にあたる壁「F」コードが出てきますが、比較的簡単に弾けます。

「F」は6弦を抜くと簡単に弾けるので、最初はそれで代用するのもおすすめです。

チェリー

「F」コードが出てきますが、この曲も比較的簡単に弾けます。

弾き語りできたらカッコいい曲なので、練習してみてください。

エレキギターにおすすめの曲

エレキギターを弾くなら、コードを弾くだけではなく、ピロピロとカッコいいフレーズを弾きたいですよね。

音源を流しながら合わせて演奏できるようになれば、バンドで合わせられるようになります。
まずはそこを目指しましょう。

Smoke on the Water

曲名は知らなくとも、誰もが絶対聞いたことがあるギターフレーズです。

簡単に弾けてかっこいいので、最初のフレーズだけでも弾けると楽しいです。

君はロックを聴かない

シンプルなフレーズが多く、初心者でもカッコよく弾けます。

コードをバラバラに弾くアルペジオというテクニックが出てきますが、初心者でも練習すればできようになるくらいの難易度です。

天体観測

学生バンドでもよく演奏される定番曲です。

簡単に弾けますが、要所要所に細かいテクニックがあるので、初心者の練習には最適です。

おすすめの教則本

ネット上の情報や動画だけでも、ギターを弾けるようになるかもしれませんが、始めたばかりでは、「なにから始めたらいいのか」「どのように練習したらいいのか」わからないことだらけだと思います。

そのような時に、初心者向けの教則本がとても役に立ちます。

教則本によってそれぞれ特徴があるので、自分の性格や弾きたい音楽にあったものを選びましょう

短期間で弾き語りができるようになりたい!

いきなり曲を弾いて自然に上達したい

できる DVDとCDでゼロからはじめる エレキギター超入門
DVDで今日から弾ける! かんたんアコースティック・ギター

基礎からしっかりとコツコツ練習したい

一生使えるギター基礎トレ本
アコースティックギターの教科書
ギタリスト養成講座

理論から理解を深めたい

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール
ギターで覚える音楽理論 確信を持ってプレイするために

弾きたい音楽ジャンルがある

これ一冊ですべてがわかる!! はじめてのロックギター入門
DVD&CDでよくわかる! はじめてのブルース・ギター
大きな譜面でジャズ・ギター体験! 目からウロコの楽ネタ大全 ステップ・アップ編 (CD付)

音楽教室

「ネットの情報や教則本だけで練習するのは苦手」
「独学だと弾き方があっているのかどうか不安」
「誰かに教えてもらいたい」

という人もいるかと思います。
そんな人は、音楽教室に通ってみるのもいいかもしれません。

音楽教室に通うことには、「正しい弾き方を身につけられる」「効率的な練習メニューで短期間で上達することができる」といったメリットがあります。

最近は、大人向けの音楽教室も充実しているので、社会人の方にもおすすめです。

無料体験レッスンをやっているところも多いので、一度体験してみてはいかがでしょうか。

おすすめの音楽教室

音楽教室に通うなら、自宅や職場からのアクセスが良いところがおすすめです。

なので、全国的に展開している教室や、オンラインの教室を紹介したいと思います。

シアーミュージックスクール

シアーミュージックは、全国87校舎でレッスンを展開するマンツーマンの音楽教室です。

所属している講師陣はプロとして活動しているアーティストも多く、採用率5%以下の狭き門をくぐり抜け、300時間以上の研修を受けています。
そのような講師陣から講師を指名したり、講師が自分に合わなかった場合に変えてもらったりすることができます。

レッスンはフリータイム制で、ウェブ上で好きな時間に予約を入れることができます。

生徒は校舎内にある練習スタジオを無料で使うことができるので、レッスン以外の時間に個人練習として利用できます。

シアーミュージックが企画しているライブや発表会に参加することもできるので、人前で演奏してみたいという人にもおすすめです。

ヤマハミュージックレッスン

ヤマハミュージックレッスンは、1954年から全国に展開している音楽教室です。
長年培ってきたノウハウによるオリジナルテキスト、カリキュラムが最大の魅力です。

また、レッスン専用に開発された伴奏音源や、ヤマハ講師資格取得試験に合格した優秀で信頼できる講師陣は、他の音楽教室に類を見ません。

個別レッスンとグループレッスンを選ぶことができるので、自分に合ったレッスンを受けることができます。

ヤマハが主催する発表会やイベントに参加することもできるので、目標を持って練習に取り組めます。

オンラインギター教室THE POCKET

THE POCKETは10年にわたって1500名以上の受講生を教えてきた実績のあるオンラインギター教室です。

時間や場所を選ばずに、いつでもどこでもレッスンが受けられるのが、オンライン教室の最大のメリットです。

レッスンの日程も都合に合わせて変更可能なので、急な用事や仕事にも対応できます。

また、通常の音楽教室に比べて料金が安いことも魅力の一つです。
低価格とは言っても、質が落ちるわけではありません。

マンツーマンの個人レッスンになるので、その人のレベルや上達のペースに合わせて教えてくれます。

講師陣もプロのアーティストとして活躍しているような実力のある人たちばかりですので、基礎から応用的な内容までしっかり学べます

まとめ

いかがだったでしょうか。

今までなんとなくギターを始めるのを躊躇していた人も、意外と簡単に始められるということがわかっていただけたと思います。

「ギターを始めてみようかな」と思った人はまず、スターペグミュージックの「今すぐ始めたい人向けのレンタルパック」でギターをレンタルして触ってみましょう。

おすすめの記事