Musician

【紹介・解説】クリフォード・ブラウンってどんな人?

Clifford Brown クリフォード・ブラウン ブラウニー

こんにちは。

Jazz2.0編集部の濱田です。

アメリカのジャズトランペット奏者でクリフォード・ブラウンという方がいました。

実は、私トランペットをやっているのですが、私が最も尊敬するトランペット奏者の1人が、クリフォード・ブラウンです。

今回は、そのクリフォード・ブラウンの魅力について迫りたいと思います。

クリフォード・ブラウンはどんな人?

クリフォード・ブラウンは、ブラウニーという愛称で親しまれています。

ブラウニーは、柔らかくホットな音色に、ギュッと響く気持ち良いタンギング、驚くほど完全的な音楽力、圧倒的なタイム感、豊かなフレージング、とその魅力を書くと切りがないのですが、とにかく、楽器が破茶滅茶に上手いんです。

そんなクリフォード・ブラウンについて、紹介したいと思います。

生い立ち

クリフォード・ブラウンは、1930年10月30日、アメリカのデラウェア州ウィルミントンにて生まれます。

クリフォード・ブラウンの家族は8人の子供がいて、5人の男兄弟の末っ子でした。
兄弟間の仲は暖かく、ブラウニーがいじめられたりしないように兄たちはいつも弟をかばっていたそうです。

12歳からトランペットをはじめていたブラウニーは、高校入学時に入学祝いとして、父親からトランペットをもらいました。

その後、地元のミュージシャンに音楽理論やトランペット奏法を学びます。

1948年、デラウェア州立大学に進学すると、音楽を専攻することができない学校だったため、大好きだった数学を専攻します。

Math作, 数学, 数式, 計算, 教育, 研究, 知っています, カウント, 方程式, 学校, 学ぶ

勉強熱心で大学では真面目に勉強しましたが、音楽の勉強は止めるどころか、益々その才能は開花しました。

翌年の1949年、メリーランド州立大学に奨学金を得て、音楽科専攻で編入することになります。(ちなみに、メリーランド大学の2019年世界大学ランキングは82位です)

そんな中、奇跡が起きます。

音楽学校の入学直後、地元にディジー・ガレスピーのビッグバンドがツアー演奏をしにやってきます。

Dizzy Gillespie and his Orchestra – Salt Peanuts (1946 – 47)

しかし、ガレスピーのバンドは、トランペットの代役が急遽必要となり、クリフォード・ブラウンに声がかかったのです。

こうしてブラウニーは幸運にもガレスピーのバンドに代役で乗ります。

そこでのブラウニーの演奏は大絶賛され、その日だけでなく、結局6夜連続で出演することになります。

また、ファッツ・ナヴァロというのちに恩師となるトランペッターにもこの頃に出会うことになります。

まだこの当時、クリフォード・ブラウンは19歳です。

この出来事がきっかけで、本格的にジャズミュージシャンを目指すようになります。

しかし同じ頃に自動車事故を起こし、怪我を負い1年間病床につくことになります。

しかし復帰後、努力家であったブラウニーは、トランペットの圧倒的技術を手に入れるだけでなく、いくつもの楽器をマスターしました。

経歴

その後、名ドラマーであるアートブレイキーの誘いにより“ジャズ・メッセンジャーズ”というバンドに加わり、米ジャズクラブ「バードランド」にて、名演を残しています。

Art Blakey Quintet "Blues" A Night at Birdland, Vol.1,1954

この54年のブルーノート盤の名ライブセッションは、当時の米ジャズ界に大きな衝撃を与え、この年、音楽誌“ダウン・ビート”からニュースターに選出されました。

この頃から、テレビやラジオなどにも出演し、全米から注目されるようになります。

Clifford Brown – Oh, lady be good – Memories of you
クリフォード・ブラウンの貴重な映像

そして、ブラウニーは、ドラマーのマックス・ローチとの出会いによって、その才能が最大に花開きます。

ローチの誘いを受けて、ブラウンーローチの有名なクインテットを54年に結成。

Clifford Brown – I'll remember april

エマーシー・レコードに約2年間数々の名演を残していきます。

24歳のときは、4つ下のラルーと結婚します。

ちなみに、ジャズナンバーの”LaRue”という曲は、クリフォード・ブラウンが妻のラルー・ブラウン・ワトソンに捧げて作曲されたものです。
(しかし当の本人クリフォード・ブラウン自身の演奏は残されていません、、、)

Kenny Dorham – LaRue

ローチとのクインテットも、マンハッタンで最もメジャーなバンドのひとつになり、ヘレン・メリルやサラ・ヴォーンとの共演も実現しました。

そんなローチのブラウニーの組んだバンドの演奏の数々は、お互いにインスパイアーされながら、ホットでパワフルな演奏を残しました。

ちなみに、ブラウニーのCDジャケットは、どれも正面から撮った顔写真がありません。
トランペットを吹いている上半身像または横顔写真などがほとんどです。

というのも、これは当時のレコード制作チームが、マーケティング上、ブラウニーの大きな鼻を気にして、あえて大きく見えないように工夫したという話があります。

あたたかい人間性

ブラウニーに「もっとも好きなトランペッターは誰か?」と質問すると、必ず、「ファッツ・ナヴァロ」と答えました。そんなブラウニーは「ファッツ・ナヴァロの再来」と呼ばれました。

また、ブラウニーの演奏は、この時期多くのジャズミュージシャンに影響を与えました。

ソニーロリンズはこう言います。
「私に与えた影響はとてつもなく大きいものだった。音楽的にはもちろん、彼の人間性や生活態度から学ぶことも多かった。」

クリフォード・ブラウンがみんなから愛された理由はその素晴らしい演奏はもちろんですが、ブラウニーの人柄も多くの人を魅了しました。

周囲からは「スイート・ブラウニー」と呼ばれ、彼は温厚でどんな場合でも笑顔を絶やさず、決して、麻薬や酒に溺れることはありませんでした。

突然の事故死

そんな、ジャズ界に舞い降りた天才は、1956年6月26日、シカゴへと向かう演奏旅行の途中で自動車事故を起こし、突然この世を去ってしまいます。

まだ25歳のときでした。ローチと組んでいたクインテットバンドのピアノ、リッチー・パウエルと乗っていたその車は、リッチー・パウエルの妻、ナンシーが運転していました。

フィラデルフィアからシカゴへ向かう途中、ペンシルベニア・ターンパイクで交通事故を起こし、乗っていた3人は即死。事故当時は雨が降っていました。

ちょうどその日はクリフォードとラルーの2回目の結婚記念日。

しかもラルー・ブラウンの22歳の誕生日だったそうです。

クリフォード・ブラウンの名盤5選

Clifford Brown and Max Roach – At Basin Street

Clifford Brown and Max Roach – At Basin Street ( Full Album )

Clifford Brown & Max Roach – Clifford Brown & Max Roach

Clifford Brown & Max Roach – Clifford Brown & Max Roach (1954) – [Best Jazz Masterpieces]

Clifford Brown & Max Roach – Study In Brown

Clifford Brown & Max Roach – Study In Brown ( Full Album )

Clifford Brown – The Biginning And The End

A NIGHT IN TUNISIA / The Biginning And The End

Clifford Brown – With Strings

Clifford Brown – 1955 – With Strings – 02 Laura

クリフォード・ブラインの映画

大学や協会のシンポジウムなど限定で上映されたクリフォード・ブラウンの映画「BEOWNIE SPEAKS」は、ベニー・ゴルソン、ルー・ドナルドソン、ジミー・ヒース、ドナルド・バード、ハロルド・ランド、ウィントン・マルサリス、アルトゥーロ・サンドヴァルなど、ブラウニーをよく知る方々へインタビューをし、ブラウニーの生涯を追ったドキュメンタリーです。

Brownie Speaks DVD trailer
jazzbooks.com: Product Details

まとめ

いかがだったでしょうか。

個人的には、ブラウニーの優しいサウンドを聞くと、とてもあたたかい人間性を感じます。

ジャズ・ミュージシャンは、ドラッグや不真面目さと関連づけられる傾向がありますが、ブラウニーは決して麻薬や酒に溺れることはなく、勉強熱心かつ練習の虫で、とても真面目な方ですし、もし今も生きていたら2020年で90歳を迎え、ジャズの世界を大きく変えたのではないかと思っています。

この記事を通して、ブラウニーことクリフォード・ブラウンの魅力が少しでも伝わったら嬉しいです。